アエラス フォーラム 関西から新しい「風」─斬新な思想、創造的な発想
アエラスフォーラムとは?
メンバー
アーカイブ
リンク
お問い合せ
アーカイブ
第10回 アエラスフォーラムII
「30年後の未来へ サステナブルな社会を目指して」

コーディネーター
下條真司

基調講演 I
鬼頭 宏
基調講演 II
住 明正

 
コーディネーターより
 今回のテーマを取り上げるきっかけとなったのは、全く別の視点で書かれた2冊の書籍(*)に出会ったことでした。両書籍には奇しくもサステナブルな社会の実現の成功事例として、日本の江戸時代が紹介されていました。

 さまざまな分野で今、「サステナビリティの実現」が叫ばれています。いずれにしても最大の困難は、人間の倫理や精神、生き方といった問題と、環境や文明とがいかに折り合いをつけるかということではないでしょうか。それゆえ理系と文系の垣根を越えて総合的なソリューションを構築することが、早急のテーマとなっています。アエラスフォーラムは、まさにこうした問題を議論するのにピッタリの場だと考えました。

 今回は第10回の節目の開催です。そこで、新たな試みとしてグループディスカッションを取り入れました。議論を通じて、面白いアウトプットを導き出せたらと期待しています。

(*) 「江戸に学ぶ企業倫理 日本におけるCSRの源流」 弦間明・小林俊治監修、日本取締役協会編著 2006 生産性出版
   「文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの」(上・下)ジャレド・ダイアモンド著、楡井浩一訳 2005 草思社


下條真司 (独立行政法人情報通信研究機構 上席研究員)
■第10回 アエラスフォーラムII 開催概要
■ブックレット
 アエラスフォーラムII (PDF:約3.0MB)
 ディスカッション
(PDF:約1.4MB)
 インタビュー(PDF:約1.7MB)
 寄稿(PDF:約4.6MB)
 アエラスフォーラム開催一覧(PDF:約1.7MB)
アーカイブ一覧へ
当サイトでは、研究者の交流と切磋琢磨から生まれる新しい「風」を 社会へのメッセージとして発信していきます。
Copyright c SCSK CORPORATION. All rights reserved.